初めての方へ

予約から返却まで

資格要件と免税特典

ヨーロッパで車が必要なら、間違いなくPeugeot OpenEurope™の免税リースです!これまで免税店で少ない免税だけ味わった過去とはお別れしましょう. 今、お客様の条件を確認して、フランス税関で提供する破格的な免税を経験してみてください!

一般資格 特殊資格
旅行・出張など6ヵ月以内に車両が必要な場合 駐在員・派遣・留学・研修などで6ヵ月以上車両が必要な場合
現在の住所地がヨーロッパ以外の国で、ヨーロッパで所得活動をしない18歳以上の運転免許所持者
ヨーロッパで一時的に滞在し、給与などは、母国から支給される場合特殊資格要件に該当します。
パスポート、運転免許証 (国内・国際) パスポート、運転免許証 (国内・国際)滞在証明書類 (派遣書・在学証明書など)
予約時まだ国際運転免許証の用意ができなかった場合、出発1ヶ月前までカバーと写真のページを提出してください。ただ、EU免許証の所持者は国際運転免許証が不要ですか、免許証の発行国外に旅行際なるべく国際運転免許証の発行をお勧め致します。
ヨーロッパのパスポート所持者の場合、現在の住所地と登録されたヨーロッパ外国家の滞在証明書類(外国人登録証、電気料金の納付書など)が追加で必要となります。
最長165(175) 最長350(355)
括弧()はパリから出発のみ可能です。

1年以上免税車の利用を希望する場合、個別のお問い合わせください。

免税リースの連続契約はできますか?

免税特典を全てお受けになった状況で次の契約をするため、最近の契約の終了日(リターン日)から「一般資格の場合6ヶ月・特殊資格の場合1年」が経過しなければなりません。したがって、連続契約をご希望の場合、配偶者などの名義で車両を契約することも 一つの方法です。

特殊資格に車が必要でしょうか?

企業会員の従事者の方には追加割引特典を提供しております。一般企業はもちろん、公営企業および官公庁、教育機関など多くの団体と機関がすでに企業会員に登録されています。今、確認してください!

車両準備の必要期間と免税限度

当日予約も可能なレンタルカーと異なり、Peugeot OpenEurope™の免税リースは、1~2日ほど所要されるフランス税関の免税資格審査の他にも、新車出庫、車両・保険登録などの様々な手続きがありますので、センター別で車両の準備に絶対時間が必要です。もっと重要なのは免税限度です。フランス税関はセンター別・日付別に免税可能な最大の台数を決めて、これを超過すれば、これ以上免税を許可しません。これによってオートマチックなど人気車種はすでに3~4月にオンシーズンの物量が完売されたりもします。早い予約だけが正解えです。

出発エリア パリ フランス ヨーロッパ
約2週 約3週 約4週
日程がまだ確定されてないけど、予約できますか?

おおよその日程でいったん予約して、後で契約を変更する方法をおすすめいたします。変更される出発日を基準、大体一カ月前までマイページで変更可能ですよ!