初めての方へ

よくあるご質問

  • 車両 車両の色を選択できますか?

    色相はランダムに割り当てられるため、車両色を選択できません。

  • 車両 車を直接見ることはできますか?

    Peugeot OpenEurope™日本総代理店は連絡事務所なので別途の車両展示やお客様の来場ができません日本のプジョー・ディーラーに行くと現在輸入しているプジョー車を直接見ることができます。ただし、Peugeot OpenEurope™の車と諸元が異なるか、または輸入されていない一部車両はない可能性もあります。ここはPeugeot OpenEurope™日本総代理店とは関係のない会社なのでご了承お願いします。

  • 車両 三角表示板と蛍光ベストは備え付けられていますか?
    三角表示板
    事故故障時、三角表示板は必須です。

    フランス出発の車両に備わっています。道路で事故・故障などで車が停車すると、➊ なるべく路肩や安全地帯に移動してから、➋ 昼夜問わず蛍光ベストを着て、➌ 三角表示板の蛍光板が後方に見えるように広げ、下記のような地点に設置してください。

    • 車の後方から昼間100m(約140~150歩)・夜間200m以上の地点
    • 曲線区間の場合、曲線が始まる地点
    • 丘を越えた下り坂の場合、丘の上の部
    • 中央分離帯がないか、地方道路の場合、前方設置も推奨

    三角表示板と蛍光ベストは車両リターン時に合わせて返却する必要があり、そうでない場合は実費が請求されます。一方、フランスの外の国から出発する車両には提供されません。

  • 車両 冬のスタッドレス(スノー)タイヤやチェーン等は装備されますか?
    3PMSF M+Sタイヤ
    3PMSFシンボルとM+Sタイヤの標識

    モデル名に「Grip Edition/ Control」が記載された車両はオールシーズンタイヤ(M+S)が提供されます。ただし、残り車は全てスタンダード(ノーマル)タイヤです。スタッドレス(スノー)タイヤやチェーンが必要な場合は契約者が直接準備し、車の返却時、元のスタンダードタイヤに取り付けてください。そうでない場合、元のタイヤの購入費用および交換費用が請求されます。

    国別・地域別スタッドレス(スノー)タイヤやチェーンの関連規定に違反した場合、罰金が課される可能性もございます。その故、旅行地域の情報を事前に十分に習得し、冬の運転時スノーチェーンなどを購入して車内に保管してください。

    下記はヨーロッパの主要国別スタッドレス(スノー)タイヤ関連規定です。

    国家規定
    オーストリア 11月1日から4月15日まで義務付け
    ボスニア・ヘルツェゴビナ 8人乗り以上、車両総重量(GVW; Gross Vehicle Weight)3.5トン以上の車は 11月15日から4月15日までタイヤの溝の深さ(Tread Depth)4mm以上維持 (ノーマルタイヤも可能)
    ブルガリア 11月15日から3月1日までタイヤの溝の深さ4mm以上維持 (ノーマルタイヤも可能)
    クロアチア 11月15日から4月15日まで義務付け
    チェコ 11月1日から3月31日まで雪道・凍結路面または装着案内の道路標識(Winter Kit)がある場合は義務付け
    エストニア 12月1日から3月1日までタイヤの溝の深さ3mm以上維持 (ノーマルタイヤも可能)
    フィンランド 車両総重量3.5トン以上の車は12月1日から2月末日までドライブ軸(Drive Axle)のタイヤは5mm、その他のタイヤは3mm以上維持 (ノーマルタイヤも可能)
    ドイツ 期限と関係なく雪道・凍結路面で3PMSF(3 Peak Mountain Snowflake)シンボルがあるタイヤ義務付け オールシーズンタイヤ(M+S)または単純グリップ・コントロール(Grip Control/Edition)などの場合は、スノータイヤ不認定
    ラトビア 車両総重量3.5トン以上の車は12月1日から3月1日まで義務付け
    リトアニア 車両総重量3.5トン以上の車は11月1日から4月1日まで義務付け
    モンテネグロ 11月1日から4月30日までまたは装着案内の道路標識がある場合は義務付け
    ノルウェー 車両総重量3.5トン以上の車は11月15日から3月31日まで義務付け
    ルーマニア 9人乗り以上、車両総重量3.5トン以上の車は期限と関係なく雪道・凍結路面で 義務付け
    セルビア 11月1日から4月30日まで義務付け
    スロベニア 車両総重量3.5トン以上の車は11月15日から4月15日までスタッドレスタイヤやチェーン(ノーマルタイヤの場合)義務付け
    スウェーデン 車両総重量3.5トン以上の車は12月1日から3月31日まで義務付け

    上記の規定は事前予告なく変更されることがあり、Peugeot OpenEurope™から関連情報の反映ができない場合もあります。詳しい情報はウェブサイトをご覧ください。

  • 車両 車両のUSB認識ができないのに、パソコンではよく見えます。どうなったんですか?

    ひとまず車両USBの接触不良と思われます。しかし、USBの点検を受けて何の問題もなければ、次の原因の可能性があります。

    Mac OS・NTFSフォーマット
    Mac OSやウインドウのNTFS形式でフォーマットされたUSBは認識ができないことがあります。なるべくFAT方式でフォーマットしてください。
    日本語のファイル名
    ファイルローディングの際、エラーを発生させたりもします。英文ファイル名に変更して再認識を試してみてください。

    車両USBに過電流の製品を差し込むと破損につながり、その場合は保険処理ができない場合があります。時々、ラップトップや温熱シートなどを差し込んで破損した事例がありますので、ご注意ください。

  • 車両 カーナビにはどんな国が入っていますか?地図更新もできますか?

    車両とカーナビの種類によって多少の差がありますが、たいてい次の国の地図が含まれています。下記の一部国は保険カバー国ではないので、ご利用の際はご注意ください。

    全道路表示
    アルバニア、アンドラ、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ジブラルタル、イギリス、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア共和国、モルドバ、モナコ、モンテネグロ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、バチカン
    一部道路未表示
    ベラルーシ、アイスランド、コソボ、マルタ、モルドバ、ウクライナ

    地図の更新頻度はおおよそ1年に1度程度で、ウェブサイトでできます。車両・カーナビ・地図などの種類により、更新費が発生することがあります。近いプジョー・ディーラーでもサービスされてますが、所定の手数料が請求されることもあります。

    カーナビは最新の地図を更新した上で出庫していますが、該当国家の区画整備・道路名変更・道路工事等で実際の道路とは違うことがあります。

  • 車両 カーナビにオービスなど自動速度違反取締装置の設置箇所を地図で提供しますか?

    ヨーロッパではオービスなど自動速度違反取締装置に対するカーナビのご案内が法律で禁止されています。ご了承ください。

  • 車両 リース車の赤いナンバープレートのため盗難危険が高いというが、本当ですか?
    リース車の赤いナンバープレート
    リース車の赤いナンバープレート

    まったく事実無根であり、一部国でだけ語られる噂です。統計的にも一般車両やレンタカーが犯罪のターゲットになった場合がはるかに多いです。こんな言葉が出る理由は何でしょう。

    赤いナンバープレートは、輸出される車両が一時的にヨーロッパ内で使用される場合に付与されるもので、フランスだけでなく他のヨーロッパ国でも運用中のナンバープレートです。全数量から見ると、かえって旅行客が利用する割合より、業務用や官公署の公務用に使われる場合の方がはるかに多いです。さらに重要なのは、ほとんどのヨーロッパの現地人たちは、赤いナンバープレートが何なのか知っていないということです。したがって、「赤いナンバープレート=外国人が旅行用として使っている車」という公式は、全く理屈に合わないです。

  • 車両 ヨーロッパで滞在中ですが、当該国のナンバープレートに変更しろと言われました。

    ヨーロッパは、国家間の居住移転が自由ですが、ナンバープレートの場合、6ヶ月(あるいは国によってそれ以下)内まえに、転入国のナンバープレートに置き換えることを義務づけています。しかし、フランスの免税リース車両は、ヨーロッパ以外の国に車の住所地が登録された臨時ナンバープレートであるため、このような義務には該当しません。

  • 車両 車のドアが閉まりません!

    車のキーを車内に置いた状態でドアを閉めようとする場合、インロック防止のため施錠装置が作動しません。車のキー(二本)は必ず別々で保管して、トランクの中のかばんなどに車のキーを保管しないでください。

  • 車両 返却時に洗車をしないと罰金を払うそうですが、本当ですか?

    結論から申しますと「実質的に」事実ではありません。車に「清消費XXEUR」と書かれている案内メモがありますが、これは非常に汚染された状態で車を返却するなど、極めて例外的なケースに適用されてます。返却の際は、車の外部からの洗車は必要なく、車内のごみなどの掃除だけで十分です。

  • 車両 車両登録証の日本住所を現在のヨーロッパ滞在中の住所に変更できますか?

    不可能です。免税リースとは車両登録証の住所がヨーロッパではないところ、つまり日本であるため、免税特典を受けることができます。したがって、フランス税関は車両登録証の住所を変更しません。罰則金などが郵便送付されているかを確認するためなら、日本住所地の郵便箱の確認を頼んでいる以外に方法はありません。

  • 車両 車両登録証・保険登録証・車のキーなどを紛失(盗難)しました。どうしたらいいでしょう。

    車両登録証と保険登録証は車の身分証明書と健康保険証と同じく重要な書類です。未所持運行の際、場合によっては警察が車を差し押さえるなど、不始末なことが起る可能性がありますので、必ず再発給してください。まず、フランスの本社の担当部署(+33 (0)1 30 19 32 72)に電話して、書類の再発給を要請すれば、詳細手続き及び費用(約200ユーロ)などをご案内いたします。通常は、お客様がお泊りになる、またはお泊りのご住所地まで郵便送達しております。再発給に伴う費用はお客様の負担となり、再発給を要請する際にクレジットカード情報を知らせると処理されます。

  • 車両 自分が使っていた車を日本に持って行けますか?

    はい、可能です。お客様がお使いになった車を安く購入して日本に持って行くことが出来ます。返却1ヶ月前に連絡してください。価格や条件をご案内いたします。ただし、日本への運送及び通関などは、お客様が個人的に調べる必要があります。

  • 車両 無事故証明書はどうやって発行されますか?

    長期間ヨーロッパに滞在しながら、Peugeot OpenEurope™の免税車両をご利用してから車をご購入になる方もいらっしゃいます。この時、自動車保険料の割引の為に無事故証明書が必要な場合があります。無事故証明書はお問い合わせを通じて発行できます。発行手数料は1件当たり15ユーロ(PayPal決済)です。英語またはフランス語の(日本語不可)PDF書類で発行されます。誠に申し訳ありませんが、原本の郵送サービスはできかねますのでご了承ください。